クレジットカード現金化が疑われたときの対処法ってある?現金化がバレないために意識すること

更新日:

クレジットカード現金化 疑われた

クレジットカード現金化はカード会社にとっては、やって欲しくない行為となっていますが、現金化を疑われてしまったらどうなるか、考えてみたことはありますか?

ここでは、クレジットカード現金化が疑われてしまったらどうなるか、どう対処すべきか、そもそもどうすればその事態を避けられるのか、についてお話していきたいと思います。

もしかしたら起こり得るケースに備えて、心構えだけはしておきたいですよね。

「クレジットカード現金化のための利用?」と疑いをかけられたら

クレジットカードが予告なしに利用停止になる

カード会社が現金化利用を疑ったら、まず本人に「現金化のための使い方をしていませんか?」と確認をしてくるのでは…、と思いますよね。

それは大きな間違いです。

疑いが出た時点で、予告も確認もなく、突然、クレジットカードが使えなくなってしまう場合があります。

ついさっきまで普通に使えていたカードで決済できなくなっちゃうんですよ。

買い物の最中に、レジでカード決済しようとしたら「使えません」って言われることだってあります。

ただ、この処置にはちゃんと理由があります。

不審な利用ということは、カード所有者が知らないところで不正利用されているのが原因かもしれませんよね。

それなら、一刻も早くカードを使えないように手配しないと、被害が大きくなってしまうことになります。

本人に確認なんてしている時間すらもったいないんです。

現金化利用が確定したら強制退会

クレジットカードが利用停止になった後、使用状況に関する確認のためにカード会社から連絡が来ます。

ここでやっと、覚えのない決済はないか、利用規約に違反する使い方をしていないか、といったチェックしていくことになるんです。

色々と調べて、現金化のためにクレジットカードを使っていたことが発覚したら、そのカード会社から強制退会の処分となる場合もあります。

さらに、これまでカードで決済していた分も一括請求されるので、まとまった額を現金化していたら結構な額になります。

信用情報が傷付き記録も残る

規約を守らずに現金化行為をした、強制退会になった、という記録が、それぞれのカード会社が共有する信用情報にも残されます。

そうなると、今後はクレジットカードを新しく作り直そうとしても、審査の段階でその情報をチェックされるので、ほぼ通過できなくなるというわけです。

クレジットカードを作ることができなくなってしまいます。

カード会社からすれば、不正利用した人と契約なんてしたくありませんよね。

他にもローンが組めない、携帯電話の購入時に分割利用ができないなど、色々と不便なことになってしまいます。

いわゆる「ブラックリスト入り」というものですが、これは永久的なものではなく、3年から5年程度の一時的なものではあります。

しかし、「問題を起こした人」という情報はカード会社間で共有されるので、かなりの不便を感じるでしょう。

だからこそ気をつけながら、疑われないように、慎重にクレジットカード現金化を行わなければならないんです。

クレジットカード現金化が疑われた時にどう対処すればいいの?!

カード会社から連絡が来たら必ず応じること

クレジットカード現金化をしている人にとっては、カード会社からのメールや電話はスルーしたいところですよね。

しかし、カード会社からの連絡は絶対に応じるようにしましょう。

何も知らないという態度で、できるだけ早く連絡には応じてください。

カード会社からの連絡をスルーすると、逆に怪しさが増して、疑いの目が厳しくなります。

余計な疑いをかけられても面倒なので、カード会社からの連絡は必ず応じるようにしましょう。

尋ねられても現金化目的の利用を白状しない

ここが最も大切なポイントですが、

カード会社側から見たら、クレジットカードをどういった理由で使って、どんな目的で商品を購入したかとは絶対にわかりません。

現金化目的の購入かどうかというのは、人の心の中の出来事です。

カード会社から「現金化で利用していませんか?」と聞かれても「そんなことに使っていません」という態度を通してしまえば、何の証拠もないので、それ以上追及しようがないんです。

この態度を崩さないためにも、いつどんなものを購入したかできるだけ記憶しておくこと。

また、カード決済で購入したものは「自分で使っている」、「友達にプレゼントした」といった設定を作っておくようにしましょう。

そうしておけば、カード会社からの質問にもすぐに回答できます。

カード会社からの確認を乗り切ったらしばらく現金化利用を控える

カード会社からの確認を乗り切ったとしても、完全に現金化利用の疑惑が晴れたわけではありません。

「不審な利用をしている怪しい契約者」という、厳しい目が向けられていることに変わりはないです。

ですから、現金化の利用を怪しまれた後、しばらくは現金化のためにクレジットカードを使って買いものをするのは控えるようにしましょう。

クレジットカード現金化はどんな人が疑われやすい?

キャッシング枠を使い切っている人

クレジットカードには買いもの利用できるショッピング枠以外にも、借り入れのためのキャッシング枠が付随しています。

カード会社が発見した不正利用者の傾向として、この枠を使い切っている人というのが挙げられます。

ショッピング枠もあるのに、キャッシング枠を使い切るというのは、何かしら疑われる怪しいことが考えられます。

そのため、キャッシング枠を使いきっている人は、不正利用検知システムにも引っかかりやすくなります。

カード会社への支払いを遅延している人

クレジットカードを利用した分は、指定日に銀行口座から引き落としされます。

しかし、口座に入っているお金が足りなかったら正常な支払いが行われません。

現金化を行う人は、自分の銀行口座にもどこにもお金がないからこそ、後日払いとなるショッピング枠を使って現金を作りますよね。

その場しのぎのために現金化をしても、結局のところ引き落とし日までにお金を口座に戻しておかなければならいのは当たり前です。

ところが、この現金化行為で使いすぎてしまったことが原因で用意が間に合わずに遅延、延滞をするというケースも非常に多いんです。

うっかり一度だけというならまだしも、何度も支払い遅延を繰り返している人は、それだけ疑われやすいことを覚えておきましょう。

高く売れる高級な商品ばかり購入している人

転売をして現金化をするのであれば、換金率が高いブランド品や人気の家電製品、ギフト券を選んで購入するのが常套手段。

しかし、高く売れるものを頻繁に購入しているとチェックが入りやすくなるんです。

カード決済で同じものを一度に何個も買ったり、日を空けずに頻繁に買ったりしたら不自然ですよね。

そういった場合はクレジットカード現金化の疑いが持たれます。

また、これまでの傾向と対策から、現金化に用いられやすい商品というものを、カード会社も把握しています。

カード会社が把握している買い物を繰り返すと、現金化の疑いを持たれやすいです。

クレジットカード現金化の疑いを回避する手段はある?

キャッシング枠を残しておく

キャッシング枠でこれ以上借り入れができないからショッピング枠を使った現金化に手を出した、と疑われないように、できるだけ常日頃からキャッシング枠を使い切らないようにした方がいいです。

それだけで、「借り入れの手段が残っているのだから現金化をする可能性は低い」と見てもらいやすくなります。

クレジットカード現金化自体、キャッシングと比較しても高い手数料がかかり、必ずしも得をする取り引きではないからです。

それに、もしそれでも現金化利用の疑いがかかった時にだって、カード会社に対して「キャッシング枠があるのでわざわざそんなことしません」っていう言い訳が立ちますよね。

説得力もあります。

換金性がいい商品を買いすぎない

高く売れるものを、一度に多く、そして連続して購入しないことです。

そんな商品ばかりカード決済していたら、転売目的なことがあからさまです。

いい商品が見つかったのに!
せっかく高換金率で現金化できるチャンスなのに!

と思ってしまうでしょうが、カード会社に疑われては元も子もありません。

ブランド品、最新ゲーム、貴金属、一部クレジットカード購入可能な電子タイプのギフト券、転売利用できるお得な商品はいろいろありますが、そうしたものほど、カード会社の購入履歴チェックの目が厳しいことを覚えておいてください。

少額ずつ現金化する

クレジットカード現金化をしようと考えている方の多くが、ある程度まとまった現金を必要とする状況にあるはずです。

しかし、一度で多額の現金を用意しようとクレジットカード現金化を行えば、カードの動きが不自然になりますし、それだけ不正利用発覚のリスクが高まります。

ですから、できる限り少額ずつ現金化しましょう。

普段のカード利用履歴から大きな変化が出ないように、気をつけながら現金化するようにしましょう。

手間がかかってしまいますが、いざという時のために転売できそうなものを少しずつ買っておいて、準備をしていくといいでしょう。

安全安心の手段ならクレジットカード現金化業者を利用するのがおすすめ

まとまった金額を現金化したい、けれどもカード会社への発覚も怖い、ではどうすればいいのか。

つまり、カードの利用履歴が不自然な状態にならないようにしながら換金ができればいいんですよね。

それならば答えは簡単、クレジットカード現金化を専門に扱っている業者を利用すればいいんです。

個人でやるのとは異なり、専門現金化業者であれば企業単位で発覚しないようにカード会社への対策を行っています。

また、現金化業者の場合は、パワーストーンやアクセサリーなどの指定商品を購入したことに対する「現金キャッシュバック」を受ける形で現金化ができるのも強みです。

高級品を扱う転売とは異なり、カード会社から見て、価値を図りづらいものを介して取り引きを行うので、不正利用自動検知システムにも引っかかる心配がないというメリットがあります。

これなら、ショッピング枠いっぱいまで現金化も可能ですよ。

いざという時に備えつつ賢くクレジットカード現金化しよう

現金化は万が一の事態の助けになる、現金を作る便利な手段ですが、くれぐてもカード会社に疑われないように慎重に手続きしなければなりません。

不自然なカード利用をしないこと、カード会社からの連絡には必ず応じること、絶対に現金化利用を認めないこと。そして、できるだけ現金化業者を介することがポイントです。

もちろん、自分なりに安全な現金化手段を確立したからといって、後々の返済を考えて計画的に利用することが大切です。

常に警戒を怠らずに利用していきましょう。

-クレカ現金化の注意点

Copyright© クレジットカード現金化おすすめ優良店ランキング2020【レッツ現金化!】口コミで比較した人気業者 , 2020 All Rights Reserved.