クレジットカード現金化は店舗型とネット型どちらがお得か?安全か?考えてみよう

初めてのクレジットカード現金化で悩むのが、どういったタイプ業者にするかです。

まず大きく分けるとこの現金化業者、店舗型業者ネット型業者に分かれます。

このどちらのタイプを選ぶかが最初の関門になります。

両者の違いをまず確認しておきましょう。

そもそもネット型の現金化業者と店舗型の業者ってどう違うの

まずこの2種類の業者の違いを、把握しておくことが大事です。

大きな違いをいくつか、知っておきましょう。

名前の通り、ネット型というのは実店舗がなく、ネットを介して現金化をする業者のことです。

対面式ではなくネットで店舗を構えています。

普通の店舗に対するネット通販のようなもの、と思ってもらえば間違いありません。

この業者の場合現金化は、まず業者のネット通販から品物をクレジットカードで購入、キャッシュバックとして換金率内の現金を受け取ることになります。

一方の店舗型は、普通に店舗を構えている業者です。

ネット通販に対する、実店舗と言う形になります。

現金化の方法は、業者の指定する品物を購入して、それを店舗で買い取って貰う形です。

換金率の高い品物を、指定されることになります。

現金は手渡しの形になります。

単に店舗の有る無しだけでなく、こういった違いもあります。

その点にも注意してください。

店舗型現金化業者を利用するメリットは

店舗型の業者の場合、何と言っても直接に顔を合わせるという安心感があります。

現金もその場で渡されますので、振り込みがきちんとされるか心配する必要もありません。

実際に換金率の高い商品を買い取るシステムですので、即現金が手渡しされるのは最大のメリットです。

また今の世の中ネットは当たり前、と言った風潮がありますが、全ての人がネット詳しいわけではありません。

それが苦手と言う人もいますよね。

特に「お金の取り引きは、やはり相手をしっかり見極めて」と考えるタイプの人には安心して取引ができるのが店舗型です。

また対面式なので、よく分からないということがある場合も、すぐに質問することが出来るのも強みです。

ネットなどではなかなか気軽にできないことですね。

店舗型現金化業者のデメリットは

いいことばかりのような店舗型ですが、やはりデメリットも存在します。

実際に店舗に行く場合、営業時間内に行かなければなりません。

近所に現金化業者がなかったら、時間と交通費をかけて行かなくてはなりません。

それも営業時間内にです。

実店舗を構えている分、その維持費がかかるのは当然です。

結果、換金率はどうしても低くなってしまいます。

そして最後に、購入する品物です。

業者としても換金性の高い品物を指定するのは当たり前です。

しかしその換金性の高いというのが、クレジットカード会社にバレてしまうことがあります。

結果、クレジットカード使用停止などという、怖いリスクにつながってしまうこともあると、心に留めておいてください。

ネット型現金化業者を利用するメリットは

ネット型の現金化業者の場合、何よりも24時間何時でも入金が可能、どこからでも利用することが出来るというのは大きなメリットです。

特に店に行く手間もなく利用ができるのは、普通のネット通販と同じですね。

忙しい人にはこれは大変にありがたいメリットです。

もし家の近くや職場の近くに現金化業者がなくても、ネット型なら何時でもどの業者でも利用が可能です。

店舗に行くための時間も交通費もかかりません。

特に地方に住んでいる人の場合、これは非常に大きなメリットになります。

そして換金率の高さにも注目したいですね。

通販と同じく、店を構える必要のないネット型現金化業者です。

店舗の維持費などもかかりません。

結果としてその分店舗型の業者よりも、換金率は高いことになります。

何と言っても現金化するなら、やはり換金率の高さはポイントです。

この換金率が高いという点は、何よりも大きなメリットになります。

ネット型業者を利用するデメリットは

無店舗型でネットや電話でのみ利用が可能なのが、ネット型業者です。

直接顔を合わせることは、まずありません。

お金の取り引きで顔が見えないというのが嫌な人にとっては、これはデメリットになります。

またネットに詳しくない、もしくはネット環境がない人の場合、利用ができません。

このネット社会でもまだ、ネットとは縁がそれほどない人もいるのです。

そして最後に、デメリットを生むかもしれない可能性、つまり支払いに関してです。

店舗型が直接の手渡しなのに対して、こちらは振り込みでの入金待ちになります。

お店も顔の見えない業者です。

ここで詐欺を働かれるかもしれない不安は、やはり拭えません。

デメリットを生む可能性があるのが、この詐欺の問題なのです。

どっちを利用したらベター?まとめとして

何によらずメリットがあれば、デメリットも存在します。

特に現金化の場合、お金に加えてクレジットカードの個人情報の問題もあります。

取り扱いには注意しなくてはなりません。

ネット型無店舗型問わず、ちゃんと信用のできて、ある程度の歴史のある業者を選ぶようにしてください。

そこからのスタートがおすすめです。

そして、目的によってまた当人の環境によって、店舗型を選ぶかネット型にするのかも、決定していきたいですね。

どうしても顔を見て取り引きしたいと思っても、店舗まで行くのに数時間もかかるとしたら、これはかなり億劫ですよね。

換金率を考えて選ぶか、それとも安心して現金を手渡しで取引終了するか、このあたりも事前に決めておきたいですね。

そ双方のメリット・デメリットをよく理解して、違いをしっかりと把握した上でうまく使って急な出費などの問題に対処していきたいものです。

レッツ現金化 TOP

公開日:2019年4月15日

 - クレカ現金化の注意点