クレジットカード現金化を利用して逮捕されるの?その可能性とリスクについて

クレジットカード現金化はカードのショッピング枠さえあれば利用できるので、現金調達方法として金融機関よりも便利な一面があります。

しかし、一般的にクレジットカード現金化のイメージはあまり良くなく、グレーな印象を持つ人も少なくありません。

また、人によっては「クレジットカード現金化は違法であり、利用すれば逮捕される」と考えている人もいるようです。

では、本当にクレジットカード現金化を利用して逮捕される可能性はあるのでしょうか。

クレジットカード現金化利用者が逮捕される可能性はほぼ0%

現金化を利用して逮捕される可能性ですが、利用者に限って言えばほぼ0%と言っても過言ではありません。

そもそも現金化の仕組みを知っていればそれほど恐れることはないと思います。

現金化の仕組みは2通りあり、

  • カードのショッピング枠を利用して商品購入し現金化業者がその商品を売り現金を調達する買取方式
  • 商品の買取を行わず指定された商品を購入してキャッシュバックとして現金を調達するキャッシュバック方式

の2つがあります。

利用者にとっては買取方式であろうがキャッシュバック方式であろうがショッピング枠を利用して商品を購入している普通の商行為ですから、違法性はどこにも存在していないのです。

ただし「ほぼ0%」であり、逮捕されない可能性は捨てきれません。

間違った利用方法をしてしまえば、逮捕される可能性は存在しています。

逮捕されるのは間違った業者選びが原因

現金化利用者にとっては逮捕される心配がないクレジットカード現金化ですが、逮捕された例がない訳ではありません。

現金化業者と利用者がカード会社から金銭を詐取したとして、電子計算機使用詐欺容疑で逮捕されたケースがあるのです。

今まで利用者は安全だとされていましたが、逮捕者がいると知って、驚かれた方も多いのではないでしょうか。

このケースの場合には、

「商品取引を偽装している業者を利用してしまったこと」

で業者と利用者の両方が逮捕されてしまいました。

しかもこの場合にはネットなどの安全な取引ではなく、闇金業を営んでいる実店舗で現金化をおこなったというのですから逮捕される可能性は高かったといえるでしょう。

しかし、このような利用者が逮捕されたケースはこれ以外にあまり報じられておらず、非常にレアなケースだといえるでしょう。

間違った方法で現金化するのではなく、正しい方法で現金化をすれば安全だということです。

では正しい現金化や業者などはどのようなもの挙げられるのでしょう。

逮捕されるリスクがない現金化業者の選び方とは

現金化利用者が商品を自由に選択できる業者

上記で記した通り、「商品取引を偽装している=商品取引が行われていない」業者は逮捕される可能性があるわけです。

ということは実際に商品取引が行われている業者は、一般的な商取引として違法性に問う事は難しいのです。

そこで重要なのが現金化業者を選択する際に、利用者が商品を自由に選べるかどうかが大切な基準となってきます。

商取引として成立するには、利用者側が自由に商品を選べるのが前提です。

利用者側の自由意思によって商品を購入することができる現金化業者は、安全度が高い業者であるといえるかもしれません。

実際に商品の受け渡しが行われる

商取引は必ず商品の受け渡しがあって初めて成立するものです。

これを行わないと商品取引を偽装していることになり逮捕リスクがあるのです。

つまり現金化業者を選別するにあたっては、商品の受け渡しが確実に行われている業者かどうかをチェックする必要があります。

商品価値がある程度存在しているものがベスト

実際に商品取引があれば逮捕リスクが少なくなるというのは理解できたでしょうか。

ただし、注意したいのは取引する商品にもある程度価値があるものでないと、商品取引偽装の疑いがかけられてしまう可能性があるということです。

明らかに何の値打ちの無い商品に10万円などの値段が付けられていた場合には、明らかに不審です。

よくあるケースではビー玉やガム、シャーペンなどの原価が安いものを10万円や20万円で販売しているケースで、これは商取引として成立していないと見なされる可能性があります。

その場合には、業者は貸金業を行っていると見なされて出資法違反などで検挙される可能性もあり、利用者も商品取引偽装を知りながら利用していたとして逮捕されてしまう可能性もあります。

商品にもある程度の価値があるものを取り扱っているかどうかも、安心できる業者を選別するポイントです。

カード情報を要求しない業者を選ぼう

ここまで注意したら、後はカードのショッピング枠を使って商品決済を行うだけですが、まだ注意が必要です。

ここで商品のカード決済を現金化業者が代行するとの名目で、カード情報を聞き出すことがあります。

このような業者はカード情報を悪用する可能性があるので注意が必要です。

商品購入の際には決済代行をしてもらわずに自らカード決済することで悪用される危険性を少なくし、悪徳業者かどうかも選別する基準にもなります。

まとめ

上記してきた通り、利用者が逮捕されるケースは本当に稀ですが、逮捕例としては、

商品取引を偽装や商品取引を行っていない業者と利用者自身が知っていた上で現金化を利用していた

ことが原因です。

そうならないためには、

  • 商品の受け渡しや自由に選択できる
  • 商品価値がある
  • 実際に商品取引が行われている

こういった現金化業者を利用すれば、逮捕されることはまずないということです。

これから現金化を利用してみようと思う人は業者が商品取引をちゃんと行っているかチェックすれば逮捕されることはありませんので、チェックしておきましょう。

レッツ現金化 TOP

公開日:2019年8月27日

 - 現金化Q&A