suicaを現金化する方法とは?残高や余分なチャージ金額を換金できるって本当?

最近、電子マネーによる決済が急激に増えています。

その中で最も知名度の高い電子マネーがsuicaではないでしょうか。

suicaは通常、ある一定の金額をチャージしてしまうと現金に戻すことができないとされています。

しかし、やり方を工夫することでsuicaを現金化することが可能となるのです。

ここでは、カードタイプ、モバイルタイプのsuicaの現金化の方法を紹介し、そのメリット、デメリットについてもお話しします。

カードタイプのsuicaの現金化の方法とは?

カードタイプのsuicaの現金化の方法は、

  • カードの返却
  • 買い物をして返金を受ける

という二つの方法があります。

カードの返却

カードの返却はsuicaの発行元であるJRの駅へ行き、みどりの窓口に持って行くことで手数料220円を引いた金額を返金してもらうことができます。

ただし、みどりの窓口を必ず利用することがポイントで、対応していない駅窓口だと最悪、返金を受けられず、カードの返却だけになってしまうことがあります。

また、返却時には免許証や保険証、マイナンバーカードや住民票といったいずれかの身分証が必要になりますから注意が必要です。

買い物をして返金を受ける

買い物をして返金を受けるという方法は、コンビニで高額な買い物(タバコのまとめ買いやお酒の購入)をして、「間違った買い物してしまった」などの事情を話して返品することです。

suicaの返金で、再チャージをおこなうことはコンビニではできないので、現金で返金してくれることがほとんどです。

ただ、同じ店で頻繁に行うと店舗側で警戒し、応じない場合がありますので、頻繁な利用はできません。

また、クレジットカードでsuicaにチャージして現金化する手法としてはカードタイプのsuicaにチャージできるクレジットカードがビュー・スイカカードにしか対応しておらず、クレジットカードの現金化を考えた場合、カードタイプは適していません。

モバイルタイプのsuicaの現金化の方法とは?

カードタイプの他にsuicaはモバイルタイプも存在します。

そのモバイルタイプにおける方法についても紹介していきます。

その方法はモバイルsuicaが利用できるお店に行って、商品を購入して返品することです。

基本的にカードタイプのsuicaの現金化と手法が似ており、再チャージでの返金ができないので、現金での返金になります。

モバイルタイプの場合、クレジットカードの対応数は非常に多いのでクレジットカードの現金化を考えている方には相性の良い方法と言えるのではないでしょうか。

suicaの現金化のメリットについて

suicaを現金化することのメリットは、

  • 審査不要
  • 高い換金率
  • 借金ではない

という点です。

suicaは発行自体審査が必要ではありません。

そのため即日発行することも可能で、気軽に作れる電子マネーです。

そういった意味で消費者金融のような審査に時間がかからないというメリットがあります。

高い換金率もメリットです。

換金率の高い商品を購入して売却しても50%を切ることがあるのがクレジットカードの換金率ですが、suicaを使えば、ほぼ100%で換金することができます。

これは異例の換金率と言えます。

あくまで買ったものの返金なので、返済するという感覚で利用することはないため気軽に利用できるメリットがあります。

このように高い換金率や気軽に行える点などがメリットと言えます。

また、suicaにチャージしている金額を現金化するということなので、基本的に借金とはなりませんね。

suicaの現金化のデメリットについて

suicaの現金化のデメリットも存在します。

  • 金額の上限が2万円
  • 非常に手間がかかる
  • 店舗側への負担

という点です。

suicaはシステムの都合上、2万円以上の金額はチャージができない仕組みとなっています。

そのため、高額な現金化をおこなおうとしても、満足の行く金額での返金ができないというデメリットがあります。

また、現金化する手間もかかります。

一度商品を購入したり、みどりの窓口がある駅へ移動する時間を考えると大きな手間です。

さらに、店舗側への負担もデメリットです。

店舗側からすれば現金による返金は何となくリスクですし、繰り返しそういった行為をされた場合、利用中止にすることがあります。

このように手間がかかり、上限金額も設定されているsuicaは現金化に不向きと言う見方もできます。

suicaよりクレジットカードの現金化がおすすめ

suicaの現金化は大きなデメリットがある分、そのメリットは小さいと言わざるを得ません。

それでも何とか現金を工面したいと考えた時、検討したいのがクレジットカードの現金化です。

クレジットカードの現金化業者であれば、上限金額もクレジットカードの上限と同じくらいできますし、手間もかかりません。

それに最短で即日入金される場合も多いので便利です。

このようにsuicaにはないメリットが多く存在し、クレジットカードの現金化に最適と言えるのではないでしょうか。

まとめ

suicaは日本全国で普及している交通系電子マネーです。

その手軽さから利用もしやすいのですが、現金化を考えた場合換金率が高いものの手間がかかり、上限金額も低いというデメリットがあります。

そういったデメリットを解消する存在としてクレジットカードの現金化業者がいます。

ただし、利用しやすい分、利用しすぎることもあるため、計画的に利用することがおすすめです。

レッツ現金化 TOP

公開日:

 - 現金化Q&A