即日現金化したい人必見!クレジットカード使用・不要別でおすすめの方法紹介

更新日:

クレジットカード現金化 即日

即日でクレジットカード現金化するためのポイントとは?

24時間振込できる口座を用意する

クレジットカード現金化は、どの業者でも、どの口座でも24時間振込ができるわけではありません。

いくら業者側は24時間体制で振込が行えても、口座が24時間対応でなければ即日振込はできないで注意しておきましょう。

24時間振込ができるのは「モアタイムシステム」という制度があるからです。

一般的に金融機関は平日のみの営業で15時までですが、モアタイムシステムに参加していれば土日祝日でも15時以降でも振込を行うことができます。

モアタイムシステムに参加していなくても平日の15時までなら即日振込ができますが、それ以外の時間帯だと、翌営業日の振込処理となります。

モアタイムシステムに参加している金融機関は多くあり、500以上もの機関が加入しています。

大手銀行、都市銀行はもちろん、地方銀行や信用金庫なども参加していますよ。

即日振込をしたいのであれば、モアタイムシステムに参加している口座を用意しておきましょう。

24時間営業の業者、サイトを選ぶ

業者のサイトを見ると「24時間申し込みOK」と書かれていることが多いです。

しかしそのほとんどのケースで、24時間「営業」ではありません。

あくまでWEBなどを使って24時間申し込みができるというだけですから、注意しておきましょう。

WEBから申し込みはできても、営業時間外だとスタッフがいないので処理を進めることができません。

業者の営業時間はバラバラですが、朝から夜の20時や21時までというケースが多いです。

しかし、本当の意味で24時間営業をしている業者もいます。

夕方や深夜に即日振込をしてほしい人は、24時間営業している業者を選ぶようにしましょう。

24時間営業していれば夜中でも電話が通じますから、直接相談することもできます。

初回は申し込みに1時間ほどかかるので、最初から24時間営業している業者に登録した方が後々便利になりますよ。

午前中に申込を済ませる

夜に申し込みをして即日入金されることもありますが、申し込みはできれば午前中にしておいた方が安心です。

現金化を申し込む人の中には「15時以降は入金できない」と考えている人も多いですし、仕事が終わったあとに連絡をする人も多いです。

どうしても時間が遅くなると混みやすくなるので、早く現金を受け取りたい人は早めに申し込んでおきましょう。

業者にもよりますが、大勢のスタッフが待機しているわけではありません。

申し込みがあれば処理していくので、混みあっていると予定の時間までに入金されない恐れもありますよ。

午前中は空いていることが多いので、早めに手続きを開始していきましょう。

振込までの時間を確認する

すぐに現金を手にしたい人は、必ず振込時間を確認しておきましょう。

どれくらい時間がかかるのかは口コミや公式ページを見て予測することもできますが、条件によっても変わってきます。

24時間振込ができない口座もありますし、24時間OKかどうかも念のために聞いておき、時間も聞いておきましょう。

申し込みをするとスタッフから連絡が入るので、決済をする前に確認しておくと安心です。

業者からの電話はちゃんと応じる

WEBから申し込みをした後、スタッフから折り返しの連絡が来ます。

メールで連絡がある場合もありますが、電話がかかってくるケースが多いです。

その折り返し電話には必ず出るようにしましょう。

利用金額の確認、身分証提示の流れの説明、換金率や説明などをされるので、電話にでなければ手続きが進みません。

申し込みをするときに「希望の折り返し電話時間」など入力できることもあるので、出られる時間帯を指定しておきましょう。

時間帯希望の入力項目がなければ、備考欄などに書いておきます。

電話にでなければそれだけ振込も遅くなるので、即日入金を希望する人はすぐに電話に出るようにしましょう。

ちゃんと即日で振込んでもらうための注意点とは?

即日振込とはならないパターンとは

  • 営業時間外の申し込み
  • モアタイムシステムに参加していない口座の利用
  • 利用したい金融機関がメンテナンスをしている

こういった場合は、即日振込とはならないことが多いです。

営業時間外は振込処理ができないため、申し込んでも振込ができません。

営業時間内のギリギリであっても処理が間に合わないことがあるので、翌日振込となることがあります。

モアタイムシステムは365日、24時間振込ができるサービス。

金融機関が加入する必要があるので、参加していない口座であれば平日の15時までしか振込を行うことができません。

また、利用した金融機関がメンテナンスを行うこともあります。

メンテナンスをしていても振込はされますが、終わらなければお金を引き出すことができませんよ。

メンテナンスは夜中~朝にかけて行うことが多いです。

最短○○分では振り込まれない

業者によって振込時間は異なります。

「最短5分」「最短10分」などあり、早い業者であれば最短3分で振り込まれることもあります。

しかし、それは最短時間です。

振り込まれる早さは、利用金額や待機しているスタッフの人数、申し込みの数、現金化業者にもよります。

また、初めて利用する人は、電話対応や本人確認のため、振込まで1時間ほどが目安となっていますが、それ以上かかることもありますよ。

「最短3分」と書いてあれば、急いでいる人は利用したくなりますよね。

ほとんどの業者で最短時間をアピールしていますが、「あくまでも最短」ということを理解しておきましょう。

土日祝日に振込させるための条件

土日祝日でも即日振込してもらうことができます。

しかしどの口座でもOKというわけではなく、「モアタイムシステムに参加していること」が条件です。

逆に言えば、モアタイムシステムに参加していない口座であれば土日祝日は振込ができません。

これは業者の問題ではなく金融機関の問題なので、業者ではどうすることもできませんよ。

即日入金できるおすすめのクレジットカード現金化業者

プライムウォレット

最大換金率は98%、最短振込時間は10分。

15時までの申し込みだとキャンペーンが適用され、換金率が5%アップします。

見積もりは無料ですし、30万円以上の利用だと換金率は95%。

プライムウォレットは10万円からしか利用できないという特徴がありますし、キャンペーンもあるので高額利用の人におすすめです。

定期的に新しいキャンペーンも実施している特典の多い業者。

インパクト

最大換金率は98.6%、最短振込時間は5分。

新規で申し込むと換金率が2%アップするキャンペーンをしていますよ。

1万~20万円の少額利用でも換金率は93%ありますし、「最低換金保証宣言」があるので安心。

他社より1%でも低い場合は相談することができます。

無理な勧誘もしないと宣言していますし、新規キャンペーンがあるので現金化が初めての人に利用しやすいです。

ゼロスタイル

最大換金率は99.2%、最短振込時間は5分。

ゼロスタイルの特徴は、各種手数料が無料であることです。

現金化するときは振込手数料や配送手数料などが必要なケースが多いですが、無料なので余計な出費がかかりません。

運営実績も16年と現金化業者の中でも実績があり、クレームやカードトラブルも今まで一度もありません。

悪徳業者をなくすための注意喚起なども行っている信頼度の高い業者です。

おひさまクレジット

最大換金率は98%、最短振込時間は5分。

累計45,000人以上が利用した実績のある業者です。

こちらは「二重提示はしない」という宣言をしています。

業者の中には最初に高い換金率を伝え、実際に入金するとき換金率を下げるという悪質な手口を行うことも。

おひさまクレジットは二重提示はしないと断言していますし、女性スタッフもいるので男性の高圧的な態度が苦手という人にもおすすめです。

換金堂

最大換金率は96%、最短振込時間は5分。

3万円以上から利用することができます。

20万円以上の利用で換金率が3%アップするキャンペーンを行っていますし、大口プランの案内もできるので高額利用の人におすすめですよ。

手数料も必要なく、余計な費用を節約することができます。

また、購入した商品は、自分で商品を受け取らなくてもOK。

業者に受け取りを依頼することもできるので、家族にバレたくない人も利用しやすいです。

アーク

最大換金率は98%、最短振込時間は5分。

こちらは女性でも利用できますが、男性はお得になるシステムがあるので男性におすすめです。

誰でも利用できる通常プランの他、換金率が高くなる男性専用のプランがあります。

現金が受け取れる特典、乗り換え&紹介など、お得なキャンペーンも豊富。

男性が優遇されている業者なので、男性だけが利用できるキャンペーンも開催していますよ。

あんしんクレジット

最大換金率は98.8%、最短振込時間は10分。

初めて利用する人は換金率が5%アップするキャンペーンを行っています。

会社を設立してから約20年ほどの実績があり、業界でも老舗です。

24時間営業ではないものの、9時~22時まで行っているので他の業者に比べて営業時間が長いですよ。

大手なので教育も行き届いており、電話態度も良いと評判です。

現金化についての裏技や注意点なども公式ページで掲載しているなど、親切心もある業者。

クレジットカードを使わず即日現金化する方法6選

  • キャリア決済
  • バンドルカード
  • NP後払い
  • 楽天ポイント
  • メルペイ
  • d払い

キャリア決済

キャリア決済とは?

キャリア決済というのは、スマートフォンなどで何かしらの商品を購入し、その支払いを毎月の通信料と合算して支払うというサービスのことです。

わざわざクレジットカード番号などを改めて入力して購入手続きをする必要がなく、簡単に支払えるためショッピングが楽にできるようになった、という人が多くなっているのです。

キャリア決済を即日現金化する流れ

ここではiTuneコードを購入して現金化する方法を紹介します。

まず最初に、オンラインショップでiTunesコードを購入します。

その後、現金化サイトあるいは買取サイトに行って申し込みをしましょう。

申し込み時には氏名や電話番号、メールアドレスを入力する必要があり、本人確認も行われますのでしっかり照合されるように正確に入力することが大切です。

その後、サイトによっては買い取ってもらうギフト券の選択をして、申し込み金額や指定する口座も選びます。

無事申し込みが完了すれば、折り返しのメールが届きますのできちんと完了したかを確認しなければなりません。

購入したiTunesコードを買取サイトに送り、サイトが受け取りを確認したら後は振込を待つだけです。

最初はスムーズにいかないかもしれませんが、一つずつ処理していけば難しくはありません。

バンドルカード

バンドルカードとは?

バンドルカードは、カンムという会社が発行するプリペイドカードのことで、スマホアプリで登録をすればすぐにバーチャルのカードとして使えるようになります。

つまり、バーチャル上のカードにチャージをして支払い時で使用するというものです。

バンドルカードはVisaのプリペイドカードなので、Visaを利用できるサイトであればどこでも利用ができます。

バーチャルカードではどうしても不安だというのであれば、300円の手数料は必要ですが実際のカードを発行できるので安心です。

バンドルカードを即日現金化する流れ

バンドルカードを使って即日現金化する方法ですが、まずはバンドルカードアプリをインストールします。

その中で、アカウントやパスワードを作成しカードの発行を完了させましょう。

アプリ内のポチっとチャージで必要事項を記入して、SMS認証を送信したら後は希望金額を入力します。

最終申し込みをして、そのまま例えばAmazonギフト券購入に進みます。

タイプはいくつかありますが、ここではEメールタイプを選択して金額を確認しレジに進みます。

レジではその他のお支払いオプションでバンドルカードを追加して、買い物を完了させます。

それから、買取サイトにいって買取の申し込みをし、ギフト券の詳細をメールに添付して送信すれば終了です。

NP後払い

NP後払いとは?

NP後払いは、文字通り商品を購入して、それを受け取った後に支払うシステムのことです。

支払い手段はコンビニか銀行、郵便局やLINE Payなど様々なものが選べます。

商品を確認後に支払いができたり、ポイントを貯められるというメリットがありますが支払いを忘れてしまい遅延となる危険性もあるので、NP後払いを利用する際には商品だけでなく支払いについても意識しておくようにしましょう。

NP後払いで即日現金化する流れ

まず、NP後払いが利用できる商品を購入します。

商品を購入したら、後は買取業者かオークションなどで売却をすれば現金化が完了です。

この方法では、注意点があります。

それは、購入した後14日以内に代金を支払わなければならないということです。

これはNP後払いの規約にもあるため、利用の際には事前に確認しておくことが大切です。

また、NP後払いは上限金額が低かったり購入する商品の選択が難しい、といったデメリットも存在します。

他の方法に比べてメリットもある一方で、デメリットも目立つ方法なので最近ではこの方法を選択する人は減っていると言われています。

楽天ポイント

楽天ポイントとは?

楽天市場でショッピングをする人も増えてきました。

買い物額に応じて、ポイントが付与されるのです。

それが楽天ポイントなのですが、楽天カードを所有していたりキャンペーンに参加していればもらえるポイントが増加するという、ゲーム性を持っているため他の会社のポイントよりも楽しく貯められるとして人気です。

1ポイント1円換算で買い物に使用できるため、利用者の中には楽天ポイントだけで高額の商品を購入したという人もいます。

楽天ポイントを即日現金化する流れ

実は楽天ポイントを現金化する方法はいくつかあるのです。

例えば、商品券を購入して金券ショップに売却することや、楽天証券で投資信託を購入する方法です。

投資信託では上手く利益が出せれば現金にして出金できるので、比較的簡単な現金化の方法だと言えるでしょう。

その他にも、楽天ポイントを使用してフリマアプリで株主優待券を購入しそれを売却する方法もあります。

この方法では、場合によってはかなりお得に現金を手に入れられる可能性もあるので、特に最近注目されている方法でもあります。

ただし、フリマアプリに登録をしたりと色々と手間がかかることも確かなので面倒だと感じることもあるかもしれません。

ここまでいくつかの方法を紹介しましたが、最も一般的なのは楽天市場でポイントを使って商品を購入し、そのまま買い取ってもらう方法です。

この場合でも、どの商品の買取率が高くどの店で高く買い取ってもらえるかをリサーチしなければならないため、人によっては面倒に感じることもあるでしょうが、いくつかの方法の中で一番簡単な手段だと言えるでしょう。

メルペイ

メルペイとは?

メルペイとは、フリマアプリであるメルカリで使えるスマホ決済サービスのことです。

基本的には商品を売却して、その金額をメルペイとしてもらうことができ、それをコンビニでの支払いやメルカリ内の商品購入に利用することができます。

もちろん、貯めた売上金を現金にすることもできるのですが、そのためには手数料が発生することもあるためせっかくの売り上げが減って損をする可能性もあります。

メルペイを即日現金化する流れ

まずはメルカリをインストールして、登録を済ませましょう。

この時、モバイルSuicaも使うことになるので、同時にインストールしておくことをおすすめします。

そして、使用するのはメルペイスマート払いです。

これは、クレジットカードと同じような機能で、使った分だけ翌月に精算するというものでメルペイでの現金化にはこの機能を使います。

最初にメルペイスマート払いでモバイルSuicaにいくらかチャージします。

これを使ってAmazonギフト券のチャージタイプを購入し、さらにチャージタイプでiTunesカードを購入しましょう。

買取サイトなどでそのカードを買い取ってもらうことで、メルペイでの現金化が完了です。

少々手間に感じるかもしれませんが、メルペイではこのような方法でしか現金化ができないのが実情です。

d払い

d払いとは?

d払いはテレビコマーシャルでも放送していることから、名前は聞いたことがあるかもしれません。

d払いのdとはドコモのことですが、何もドコモユーザーでなければ利用できないわけではありません。

dアカウントさえ持っていれば、誰でも利用ができるのです。

d払いは買い物などをしてポイントを貯めて、それを現金の代わりに使って買い物などができるというサービスです。

d払いで即日現金化する流れ

d払いで現金化をする際におすすめだと言われているショップがDVDレンタルやゲーム販売で人気のゲオ(GEO)です。

ここではゲーム機やゲームソフトなどを買うことができ、現金化でも新品のゲーム機を購入することになります。

なぜ新品のゲーム機なのかというと、商品の価値が安定していて値崩れの心配がないからです。

d払いではAmazonギフト券は購入できないため、注意しましょう。

ちなみに、Amazonでブランドバッグなどをd払い購入する人もいますが、これでも問題はありません。

しかし、現物を送ってもらう時間を要するため、即日現金化はできないためあまりおすすめできません。

さて、d払いでの現金化の流れですが、新品のゲーム機をd払いで購入します。

それを買取店で買い取ってもらい現金を受け取る、ただこれだけです。

この場合も、他の方法でも紹介したようにどこで高く買い取ってもらえそうかをリサーチする必要があります。

また、ゲーム機と言っても色々あるため、どの種類のものが高く現金にできそうかも調べる必要があります。

即日で現金化する方法についてのまとめ

即日で現金化する場合、ちょっとしたコツがあります。

どの方法を選ぶのかも重要ですが、ちゃんと現金化用の口座を用意しておくことも重要です。

それぞれでメリット、デメリットもあるので、自分が納得できる方法を選んで、必要な現金を手に入れましょう。

-現金化Q&A

Copyright© クレジットカード現金化おすすめ優良店ランキング2020【レッツ現金化!】口コミで比較した人気業者 , 2020 All Rights Reserved.