クレジットカード現金化と消費者金融の利用はどちらが賢いやり方?

クレジットカードを持っていても、現金しか使えずに困り果てるというケースは、意外と多くないですか?

そんなときに便利なのがクレジットカード現金化というテクニックになります。

しかし、現金を調達する方法で、もう一つの消費者金融でのキャッシングとは一体何が違うのでしょうか。

ここでは、クレジットカード現金化と消費者金融との違いについて紹介していきますね。

クレジットカード現金化と消費者金融の違い

クレジットカード現金化と消費者金融は「それまで手元になかった現金を手に入れる」点で同じように見えます。

しかし、この二つにはちょっとした違いがあります。

それは、消費者金融の利用が借金であるのに対して、クレジットカードの現金化はあくまで自分が将来的に利用可能なお金を前借りする形になっているということです。

どちらも借金をするという意味ではありますが、消費者金融のキャッシングやカードローンは明確な借金として記録され、利用には厳格な審査も必要となります。

一方でクレジットカードの現金化はすでに審査の終わっているクレジットカードのショッピング枠を現金に置き換える作業ですから、利用する度に新たな審査を通過する必要がなく、条件さえ揃えばすぐに現金を入手することができます。

クレジットカード現金化と消費者金融ではどちらが金利が高いか?

消費者金融のキャッシングには決められた一定の金利がかかり、すぐに借金を完済しないと延々と利子が積み重なり首が回らなくなってしまうという状況に陥ることがあります。

クレジットカード現金化の場合、金利に相当するものとして換金率という数字で見ることになります。

例えば、クレジットカードを使って10,000円で購入した商品を転売して9,000円の現金を手に入れたとします。

この場合、ショッピング枠を換金率90%で現金化したことになります。

クレジットカードの引き落とし日にはショッピング利用額の10,000円が引き落とされるわけですから、1,000円の差額が発生します。

この差額を消費者金融でかかる金利と比較して、どちらが損になるかを見極める計算が重要になります。

しかし、一般的に完済しない限りは支払いが増え続ける消費者金融の金利よりも、クレジットカード現金化の方が仕組みはシンプルで損得の計算も容易といえるでしょう。

クレジットカード現金化と消費者金融ではどちらが安全性が高いか?

クレジットカードのショッピング枠を現金化する行為は、違法ではありませんが、クレジットカード会社は「正規の利用法ではない」としていることがほとんどです。

ただし、通常の買い物と転売目的や現金化目的の買い物を区別することは難しいため、極端なクレジットカード利用をしなければ規約違反となることはありません。

個人で現金化をおこなうのではなく、現金化を代行してくれる業者を利用すれば見咎められることもないでしょう。

消費者金融の場合、その存在と利用そのものは広く認められていますが、賢く安全に使いこなすには十分な知識が求められます。

現金を用意しなければいけなくなったといった際に、軽い気持ちで消費者金融のキャッシングなどを利用してしまうと、後々になって返済で苦労することにもなりかねないので注意しましょう。

消費者金融の利用方法とは?利用の手順、現金を受け取るまでの流れ

消費者金融を利用する際には、まず窓口かネットで申し込みを行います。

この時、身分証明書が必須になるので運転免許証かパスポートを用意しておきましょう。

もし顔写真付きの証明書がない場合は、カード型健康保険証に別の証明書を付け加えて提出するなど手間が増えます。

申し込みを終えると審査となり、短い場合はすぐに結果が出ます。

審査に無事合格していたのなら、ATMで利用できるキャッシングやカードローンのカードを受け取ることになります。

カードの発行は窓口で行える他、全国各地に設置されている無人契約機でも可能となっています。

ただし窓口も無人契約機も夜間は利用できないので、カード発行は日中に済ませましょう。

このカードをコンビニなどのATMに入れれば、利用限度額までの現金を引き出すことができます。

しかし消費者金融のキャッシングを利用したあとは、必ず返済を忘れないようにしましょう。

完済を終えるまでが消費者金融の利用であることは絶対に失念してはいけません。

クレジットカード現金化と消費者金融はどちらが良いか?

消費者金融は利用までに審査など、時間がどうしてもかかってしまいます。

現金が必要となる事態というのは時間に追われているケースが多いので、あらかじめ身分証明書の準備や無人契約機の使い方を学んでおかなければならない消費者金融の使い勝手はあまりいいとはいえません。

また、借金をすると返済に追われることになりますし、返済が滞ると信用情報に傷が付くといった弊害も起こります。

それらと比較してクレジットカードの現金化は、専門の業者に申し込みをすればすぐにお金を口座に振り込んでもらえるため簡単に現金を入手することができます。

換金率によっては消費者金融よりも損をすることもありますが、クレジットカード現金化は緊急事態を回避するためにおこなうことがほとんどでしょうなら、少額の利用であれば誤差の範囲で済ますことができます。

借金として記録に残るいった問題も起こりませんから、気軽に使いやすいといえるでしょう。

まとめ

クレジットカードの現金化は消費者金融と比べて、よりシンプルで手軽に利用することができます。

クレジットカードを持っているのであれば、慌てて消費者金融に駆け込む前にクレジットカード現金化を代行してくれる業者について調べてみるべきでしょう。

きっと急に現金が必要になった事態をより簡単に解決する方法が見つかるはずです。

レッツ現金化 TOP

公開日:2019年6月6日

 - 現金化Q&A