クレジットカード現金化をすると信用情報は傷つくの?!

クレジットカード現金化をする際に、換金率も気になる点ですが、それ以外にも、クレジットカードの信用情報が傷ついて、今後一切クレジットカードを持つことができなくなるかもしれないという不安がありますよね。

その点についてはどうなのか、ここでは見ていきましょう。

信用情報の仕組みについて知っておこう!

そもそも、信用情報とは何なのかということをお話しますね。

信用情報とは、クレジットやローンなどを申し込む、もしくは契約する際に必要となる個人の情報のことを指します。

本人であることを確認するための個人情報やクレジットの申込・契約内容、それに支払い状況や残高などについて日本信用情報機関(JICC)などに登録されます。

お金を貸す側は、これをチェックすることによって、この人にお金を貸しても大丈夫か!?という判断材料となるのです。

クレジットカード現金化をすることで信用情報に傷がつくの?!

では、クレジットカード現金化をすると、上記のように、信用情報機関に「危険人物」として登録されてしまうのでしょうか。

クレジット現金化業者を消費者金融の一種だと思っている方がいまだに結構いらっしゃいます。

しかし、クレジット現金化業者は、消費者金融でも、その他の金融機関でもありません。

そのため、クレジットカード現金化をしても、こういった信用情報機関に照会されることもないので、クレジットカード現金化をしたというヒストリーが登録されることもないのです。

ですから、基本的にはクレジットカード現金化で信用情報に傷がつくということはありません。

最悪の場合、カード会社にバレて傷がつくことも…

信用情報に傷はつかないといわれても、やはりまだちょっと信用できないとか、疑ってかかってしまう方も多いでしょう。

ここで、もう少し踏み込んだ話を。

ご存知ない方もいるかもしれませんが、クレジットカード現金化というのは、カード会社にとって、やってはほしくない行為となります。

仮にクレジットカード現金化をしたことが、クレジットカード会社に発覚した場合には、信用情報に傷がつくことがあるので、非常に注意しなければなりません。

クレジットカード会社に現金化したことが発覚した時には、ローン申請をしてもそれができなくなる可能性は高いですし、それよりも、クレジットカード自体を利用停止させられるだけでなく、退会させられることもあります。

最悪、「ブラックリスト」に登録されて、どんなに審査が簡単なクレジットカードでも審査が通らず、クレジットカードを一定期間持つことができないということも考えられます。

クレジットカード現金化を安全に行うにはどうしたらいい?

信用情報が気になったとしても、現金が急に必要になった場合にはクレジットカード現金化業者を利用すると良いでしょう。

ではここで、信用情報に傷をつけないためのクレジットカード現金化業者選びの方法をお教えしましょう。

まずは業者のホームページを見ましょう。

そこに「〇年間、今までにカードトラブルなし」などと、実績がしっかりと書かれている業者であることを確認してください。

そして、その業者の会社概要を見て見ましょう。

しっかりと所在地や営業許可の番号があるのか、それがない場合はグレーなおこないをしている業者ということになりますので、企業の安全性をここで判断しましょう。

クレジットカード現金化で信用情報は傷つくこともある

基本的にはクレジットカード現金化で信用情報に傷がつくことはありませんが、これがバレた際には傷つくこともあります。

そのため、上記を参考に、安全な現金化業者を利用し、少しでもリスクを回避しましょう。

クレジットカード現金化 優良店 TOP

公開日:2019年3月11日

 - 現金化Q&A