モアタイムシステムって何?現金化でよく言われるモアタイムシステムのメリット、デメリットを教えて

モアタイムシステム

モアタイムシステムが稼働を開始したのは2018年10月のことですので、まだまだ新しいシステムだと言えます。

そのため、モアタイムシステムがどのようなものなのか知らない、そもそも存在すら知らなかったという人も少なくありません。

ここでは、金融機関が導入しているモアタイムシステムについてお話していきますね☆

モアタイムシステムとは?

モアタイムシステムというのは、銀行同士が送金をするための時間を延長させるシステムのことです。

ただし、すべての金融機関でこのシステムが採用されているのかというとそうではなく、採用していない金融機関もあるので、自身が利用する金融機関がモアタイムシステムを採用しているかどうかを事前に確認することも大切です。

仮に採用していないのであれば、振り込み時間はこれまで通りとなっていますので注意しましょう。

モアタイムシステムの紹介、参加金融機関|全国銀行資金決済ネットワーク

モアタイムシステム導入の経緯について

これまでは、金融機関は平日の8時30分から15時30分までが送金可能時間でした。

それをコアタイムシステムと呼んでいました。

皆さんの中でも、振り込みをしたくても送金可能時間が短いために送金ができずに不便に感じていたという人もいるのではないでしょうか。

このことから、以前よりこの時間を延長してほしいという要望が多く出ていたのです。

それに応える形で採用されたのがモアタイムシステムで、これが導入されたことにより多くのメリットが誕生しましたが、その一方でデメリットがあることも見逃してはなりません。

モアタイムシステムのメリットとは?

まずはメリットから説明していきます。

メリットは何と言っても即日入金できる時間が増えるということでしょう。

これまでは仕事終わりのサラリーマンが現金化を望んでも、例えば平日の夕方や土日では翌営業日になり、困ることが多かったです。

このことが原因で、現金が必要になったのに途方に暮れてしまった…という人も少なからずいるのではないでしょうか。

しかしモアタイムシステムが導入されたことで、基本的には必要な時に現金化できるようになったのです。

これは利用者にとってメリットであるだけでなく、金融機関にとっても即時に現金が処理されるため業務の一部を軽減させられるというメリットに繋がったと言えます。

メリットとしてはそれだけではなく、カードローンを申し込みの際にも急がなくていい点が挙げられます。

それまでは平日のおおよそ14時頃までに申し込みをしないといけなかったのですが、導入後は20時頃までに申し込めば審査をしてもらえるようになったのです。

そもそもカードローンを申し込んだ際には審査が行われるのですが、この審査には1時間程度かかる可能性があります。

カードローンの審査時間は平均して21時までと言われていますので、この時間に間に合うように申し込みをすれば良くなったというわけです。

これにより、カードローンを申し込みたいサラリーマンが会社を抜け出して申請する必要はなくなりました。

さらに言えば、最近ではWeb上で申し込みができる機関も増えてきています。

そうすれば、自宅に居ながら申請ができるので、気持ちに余裕を持って対応ができます。

確かにこのシステムが導入されたことで、今まで慌てて対応をしていたものがそうしなくて良くなったと感じます。

サラリーマンが仕事をしていて、「早く申し込みをしなければ」と焦って、何てことはない仕事をミスしてしまい会社や取引先などに損害を与えてしまったという事態を防ぐことができるでしょう。

モアタイムシステムのデメリットとは?

上記のようなメリットがある反面、デメリットも存在します。

まず、モアタイムシステムを導入していない金融機関があるという点です。

モアタイムシステムを導入していない金融機関の取引できる時間は従来通り、短いままです。

依然としてこのシステムに参加していない機関は多数存在します。

基本的に大手金融機関は参加している傾向にありますが、自分が利用している金融機関はどうなのか、調べておく必要があります。

また、モアタイムシステムを導入している金融機関といっても安心してはなりません。

なぜならモアタイムシステムに接続していない時間帯というのがあるからです。

そもそもこのシステムに参加するかどうかや、どの時間帯に接続するのかというのは金融機関ごとに任意で決められるものですので、他の銀行でこの時間だからあそこの銀行もその時間だと思い込むのは危険だということです。

モアタイムシステムで今後の現金化はどうなるのか?

モアタイムシステムの影響で、今後はクレジットカードの支払いが早まる可能性が指摘できます。

モアタイムシステムで現金化が素早く行われるようになった結果、カード会社は利用者の手元に現金があると判断し決済期間を短く設定する可能性が考えられるのです。

これはあくまでも推測の域を越えませんが、その可能性は十分にあるのではないでしょうか。

また、キャッシュレス化を推奨している政府の動きと多少相反するところがあるように感じます。

モアタイムシステムにより現金化の流れが進んでいき、その一方ではキャッシュレス化により現金を使わずに買い物などの決済を行うわけですから、何らかのひずみが生じても無理はないでしょう。

関連記事
電子マネーの仕組みを使った現金化とは?クレジットカード現金化とはちょっと違った手法

まとめ

モアタイムシステムにより明らかに現金化のスピードが向上し、人々の生活にもゆとりが出たように思えます。

しかしながら、勘違いや思い込みといった人々の精神的な要素に思わぬデメリットが存在していることも把握することが求められます。

レッツ現金化 TOP

公開日:2020年1月15日

 - 現金化Q&A