クレジットカード現金化優良店、優良サイト選びでおさえておくべきポイントとは?

実際に現金化業者を利用したいけど、どの業者を利用したら良いのか分からないという人は多いと思います。

一般的に、「クレジットカード現金化」という言葉は聞き慣れない、見慣れない言葉ですよね。

あまり知らないからこそ、どれが優良業者、優良店なのか分かりにくいと思います。

では現金化優良店とは、どういったポイントをチェックしたらいいのかということを紹介していきたいと思います。

会社概要をしっかりと明記されていれば優良店

まず第一に、利用を考えているクレジットカード現金化業者の会社概要が、しっかりと明記しているかどうかを確認しましょう。

違法行為や詐欺行為をしていなければ、自信を持って、堂々と会社概要を明記できるはずです。

会社概要とは、いわゆるその会社のプロフィールのようなもの。

  • 所在地や連絡先、お問い合わせフォームなどに関して、しっかりと明記されているか。
  • 実在している店舗なのか。
  • 電話番号は使えるものなのか。

など確認する必要があります。

また、会社概要に明記されていることを本当に確認するべく、実際に店舗を確認しに行ったり、電話を掛けてみたりすると良いでしょう。

全て問題なければ、そのクレジットカード現金化業者は優良店であると言えます。

古物営業許可を取っているか

クレジットカード現金化という業務は、事業者ではない個人がクレジットカードで買った製品を、現金化業者が現金で買取り、それに対してお金を支払うという仕組みになっています。

つまり、中古品店と同じような機能を持っているのです。

中古品店を営むには古物営業許可、古物商の資格が必要になってくるのです。

クレジットカード現金化優良店は古物営業許可を取っているので、安心して利用することが可能です。

優良店の多くは会社概要に明記されているので、確認するようにしましょう。

創業年月の古く運営歴の長い業者は優良店

次にチェックしておきたいことは創業年月日で、クレジットカード現金化業者のほとんどがサイトに会社概要を記載していて、そのページに、いつ創業したかについて記されてあります。

ネットが普及し始めた2000年代後半以降に創業した無店舗型と呼ばれる業者が多い中、90年代、2000年代前半に創業した老舗業者もあります。

運営歴が長い老舗店が優良店である理由の1つに信頼できるという点があります。

クレジットカード現金化業者の中には、違法性がある取引などをしている悪徳業者がまだまだ存在しています。

また、違法性を指摘され、廃業した悪質業者が、その後に別の社名を名乗り、あたかも別の業者かのように運営してるといったこともあります。

しかし、同じ名前で、長い年月営業が出来ている老舗店舗はそういったことがないため、優良店だと言えるのです。

ホームページの出来も参考に

shutterstock_476694904
クレジットカード現金化業者のホームページデザインも判断材料にした方がいいでしょう。

本気で利用者からの信頼を得たいなら、クレジットカード現金化業者に限らず、ホームページはどの業種、店舗においても今の時代、設定されているはずです。

ホームページには、会社概要はもちろん、キャンペーンであったり、利用方法、換金率などが明記されています。

そのホームページが安上がりな、雑なデザイン、また、携帯電話専用ページのみの業者は避けた方が良いでしょう。

個人情報を抜き取られてしまうこともあります。

クレジットカード現金化業者の個人情報の流出リスクは大丈夫なの?

丁寧な接客姿勢は優良店の条件

クレジットカード現金優良店は丁寧な接客を心掛けているケースが多いです。

銀行やカード関連会社は全般的にそう言えます。

優良店は接客の基礎を研修で取り入れており、接客マナーや態度には自信を持って取り組んでいます。

クレジットカード現金化は、お金に関するとてもデリケートなことで、「懐事情」の詳細も利用者に聞かなければならない場合もあります。

また、利用者にとって踏み込まれたくないところも、踏み込まないといけない場合もあり、そこで重要になるのが接客マナーなのです。

このような背景もあり、優良店は接客マナーや態度がしっかりしているのです。

接客姿勢は当然、丁寧であることが最低条件です。

親切で、親身になって話を聞いてくれる接客を望んでる方もいれば、気さくに話しやすい感じの接客を望む方もいます。

利用者の望むことに合わせられるような接客態度の業者は、優良店だと言えます。

接客姿勢や電話口での言葉遣い、態度が悪ければ、利用を避ける方が無難です。

換金率に関してあいまいな回答、または高すぎる業者には注意

クレジットカード現金化業者を利用する際に、最も気になることが換金率だと思います。

優良店であれば、換金率はしっかり提示してくれるものですが、悪質店ではそれがしっかりと明記されておらず、換金率を確認しようとしても、あいまいな回答に終始する、話をそらす、論点をずらすなど、明確な換金率を教えてくれません。

また、高過ぎる換金率に設定している業者にも要注意。

一般的に換金率は85%~95%くらいですが、それ以上の換金率になっていると、注意が必要です。

現金化業者も、一般企業と同様に利益を追求する法人ですので、高すぎる換金率や100%の換金率を保証している業者は存在しないのです。

だから、高過ぎる換金率のクレジットカード現金化業者には注意する必要があるのです。

クレジットカード現金化について、口コミサイトを参考にしてみる

また、実際の利用者の意見を聞いてみてください。

ネット上にある口コミサイトは情報がたくさんあります。

優良店かどうか見極めるためには、1つの口コミをチェックするのではなく、その他の人はどういった感想があるのかもしっかりと確認してください。

口コミの投稿件数が少なくても、良い評価を得ている業者もあり、こうした業者は自作自演で書いているケースもあります。

自分なりに気になる点をしっかりと考えて、優良店を見極めることが重要なのです。

レッツ現金化 TOP

公開日:2019年8月28日

 - 業者の選び方について