家族名義のクレジットカードも現金化可能!?家族カード現金化のメリットとリスクとは

クレジットカードを現金化するには、利用するカードの名義が自分のものであることが絶対条件です。

しかし、家族カードであれば、夫など家族の者が契約したクレジットカードでも現金化できるという噂を聞いたことがありませんか?

実はこの噂は本当なんです。

家族カードであれば夫の契約したクレジットカードのショッピング枠で現金化ができてしまうのです。

この記事では、そのやり方とリスクに関して解説しています。

読めば家族カードを使った現金化の全貌をつかむことができますよ。

家族カードの特徴は?契約するメリットはある?

クレジットカードは本人が契約して本人しか利用できないのが常識です。

ですが例外もあって、それが「家族カード」です。

契約者以外にも、その家族まで利用可能なクレジットカードが家族カードと呼ばれる特別なカードで、通常のカードには無い様々な利点があります。

一番大きいメリットはショッピング枠の共有でしょう。

主婦の方も学生時代に作った自分名義のクレジットカードを持っていると思いますが、収入が十分にありませんので当然ショッピング枠が小さいままです。

家計の柱である夫の収入を反映した高額のショッピング枠を使えるのは何より心強い点です。

また、家族カードは最初の契約者以外は審査がフリーパスと言っていいくらい緩いもポイントです。

年会費も1人目までなら無料となっていることが多く経済的。

ただし利用明細が1枚にまとめられるので最初の契約者に必ずチェックされる難点があります。

家族カードの現金化は業者によっては可能

利用に関してかなりの融通がきく家族カード、何といっても本人以外でも利用が認められている点が大きいです。

これはすなわち、契約者以外でも現金化が可能ということでしょうか?

クレジットカード現金化業者が利用に際して本人確認を必ず行うのは、クレジットカードの規約に本人以外の利用を認めないと明記されているためです。

これを無視して現金化を行う業者があったとしたら、それは違法行為を黙認している共犯者ということになります。

これではいつ警察の厄介になるか分かりませんから、安心して営業なんてできません。

その点がクリアになっている家族カードですから、業者も快く現金化するだろうと考えますよね?

しかし、多くの業者は家族カードの現金化を拒否します。

理由は後で家族間のトラブルに巻き込まれる可能性が高いためです。

夫に黙って現金化しようとする女性が少なくないのか業者も警戒しているのでしょう。

ですが、それでも家族カードの現金化に対応する業者は存在します。

家族カードの現金化は現金を受け取った後が勝負

家族カードに対応してくれる現金化業者を見つけたら、後は所定の手続きに移ることができます。

本人確認もカード契約者ではなく自分の書類で対応できますから問題なくパスできます。

他人名義であれば名義人の各種証明書が必要になりますし、最悪本人に確認の電話をかける業者もあります。

そういった雑多な手順が省ける家族カードの利点は馬鹿にできません。

また家族カードの最初の契約者が夫の場合は高額のショッピング枠になるのが一般的ですから、業者の評価額も大きくなる傾向があります。

自分名義のクレジットカードの現金化で寂しい思いをした女性なら、これはうれしいですよね。

業者の手続きもスムーズに進みますし、短時間で現金を受け取ることができるでしょうが、それでゴールじゃないのが家族カード現金化のツライところです。

後日、クレジットカードの明細書が旦那さんの目に触れることになります。

トラブルが発生する確率が最も高いのはこのタイミングで、これを上手く乗り越える戦略が必要になります。

家族カードを確実に現金化できる自力とは?

高い評価額と簡便な手続きがメリットの家族カードの現金化ですが、対応してくれる業者を見つけるのが大変です。

ネットで探せばいくつか見つかりますが、あまり聞いたことのない業者が多くハッキリ言って怪しい…と思う人もいることでしょう。

余計なリスクを負わずに、確実に家族カードの現金化をするなら、いわゆる「自力で現金化」がオススメです。

どういうことかというと、家族カードでアマゾンギフト券などの金券を購入し、それを金券ショッピで売却することで現金を入手するやり方です。

間違いなく現金を手にできる手法で、もちろん合法です。

場所を選ばず使える技なのですが、デメリットもあります。

明細書などから、家族カードの最初の契約者に現金化したことがバレてしまうことです。

契約者の方が同意しているなら問題ありませんが、そうでないなら明細書の問題をどうクリアするか、納得させるだけの説明を考えてから現金化しましょう。

他人名義のクレジットカードの現金化にはリスクがある

家族カードの現金化のメリット・デメリットは分かりました。

それでは他人名義のクレジットカードをどうにか現金化する方法は無いのでしょうか?

残念ながら他人名義のクレジットカードを合法に現金化する方法はありません。

…というのも、先に説明した通り、クレジットカード会社は本人以外の人間がカードを利用することを認めていません。

本人以外の人がカードを利用して購入した物品やサービスは、その売買契約が無効になる可能性があります。

そのリスクを考慮して、現金化業者はカード契約者本人と確認できない場合は現金化を断るのが一般的です。

場合によってはカードの不正利用になるリスクがありますから、他人名義のクレジットカードの現金化は止めておくのが無難です。

ただしカード契約者本人が同意している場合は、業者によっては現金化に対応するケースもあるようです。

家族カード現金化のリスクはやはり無視できない

他人名義のカードだけでなく、家族の利用が認められている家族カードであっても多くの業者で利用できないことがわかりました。

その裏にはクレジットカードの規約の問題や、トラブルに巻き込まれたくない業者の意図があります。

自力という手段もありますが、換金率が低いのが難点です。

法的リスクや家族とのトラブルも無く、確実に現金化するなら自分の名義になっているクレジットカードを利用しましょう。

クレジットカード現金化 優良店 TOP

   

 - 現金化Q&A