海外でもクレジットカード現金化はできる?その手順や方法について

海外旅行や出張では、日本国内よりも現金で支払う場面が多いです。

例えば、ちょっと何かをやってもらっただけでもチップを支払うのが、海外のマナーとなります。

その他にも移動やアミューズメント施設など、色々な場面で現金が必要になるので、海外のクレジットカード現金化をこの記事で学んでおきましょう。

海外で業者を使ったクレジットカード現金化は可能?

海外でも、業者を使ったクレジットカード現金化は可能です。

なぜ海外で現金を調達するのかの理由から理解すると、スムーズに行動できます。

海外でもクレジットカード現金化

クレジットカード現金化は、世界的によく行われている行為です。

国によって扱いが違うものの、海外で現金が欲しくなった時にその手段を覚えておくと助かりますよ。

現地にはそこの住人が利用する銀行しかないので、日本にいる間に必要な知識を身につけておくのがベターです。

緊急時に現金を調達できると便利

慣れない場所でお金が不足するとパニックになりますが、海外のクレジットカード現金化を知っていれば即座に用意できます。

海外でカードが使えない店舗は意外に多いので、財布の中に現金を入れておきましょう。

海外で業者を使ったクレジットカード現金化する手順について

基本的な手順は、日本国内のカード番号と個人情報の提供による商品購入と同じです。

商品の売却またはキャッシュバックによって、業者の手数料を除いた金額を手に入れられます。

ネット環境があればオンラインで手続き

海外では直接顔を合わすことができないため、インターネット上で申し込むのが一般的です。

WEBサイトは世界のどこからでもアクセスできるので、日本国内と同様に手続きができます。

電話による連絡では高い通話料がかかるため、ネット回線の通話などの工夫をすることが大事です。

日本の業者は他国と比べて換金率が高い

海外で現地の業者を使わない理由は、日本の業者の方が高い換金率だからです。

信頼性をチェックする点でも、日本語が通じる業者を選びましょう。

日本国内に営業拠点がある業者ならば、後からトラブルになった場合でも対処しやすくなります。

海外で業者を使ったクレジットカード現金化する際に気を付ける事

海外は日本と違う環境だから、色々な点に注意しなければいけません。

業者によるクレジットカード現金化で引っかかりやすい項目を説明します。

原則、日本時間の深夜には営業していない

日本の業者は、原則的に朝から夜までの営業です。

そのため、現地では昼間だが日本時間で深夜という時差になっているケースでは、すぐに対応してもらえない場合もあります。

24時間営業している業者を選べば、時差の問題を解決できますよ。

現地でネット回線を確保しておこう

海外では、都市部でもネットカフェのような共用パソコンしかない状況が珍しくありません。

カード番号と個人情報の漏洩を防ぐためにも、海外用のWi-Fiモデムなどのネット回線を用意しておきましょう。

空港でレンタルできるので、スマートフォンやノートパソコンと合わせて、いつでもどこでもクレジットカード現金化を行えます。

お金を引き出すためのATMについても注意

せっかく海外でクレジットカード現金化をしても、最寄りのATMで引き出せなかったら台無しです。

海外で多くの提携ATMがある口座に入金してもらうことも、大事な注意点になっています。

メガバンクや一部のネットバンクで対応しているから、早めに口座開設を済ませておきましょう。

海外発行のカードに対応していない業者もいる

日本の現金化業者の中には、海外発行のカードに対応していない業者もあります。

海外に行く前に、日本で使いやすいクレジットカードを作っておくのがおすすめです。

現地で必要な金額を準備するためには、日本の業者が対応しているカードを持っていくことも必須となります。

クレジットカードのキャッシングについてはどうか?

クレジットカードのキャッシングは、借金として厳しく情報を管理しています。

金融機関が共有しているネットワークに記録されるので、クレジットカード現金化よりも不利です。

金融業界の個人信用情報に記録される

日本のキャッシングは、個人信用情報として記録されます。

海外のキャッシングでも、日本発行のクレジットカードであれば同じ話です。

うっかり返済し忘れるとブラックリストに載ってしまうので、キャッシングは最後の手段にしておきましょう。

各種ローンの審査に影響する

キャッシングの記録は、金融機関の各種ローンの審査に影響します。

借金をした記録があると、その分だけ信用がない人間と見なされる可能性が高いです。

延滞は、どれだけ少額の借金でも支払能力がないと判断されるので、海外のクレジットカード現金化をうまく活用して自分の身を守る必要があります。

まとめ

海外のクレジットカード現金化は、現地でネット回線を確保すれば簡単に実行できます。

日本との時差や対応しているカードという注意点があるので、事前に換金率が高い業者を見つけておくのが賢い選択です。

キャッシングと比べて自分の信用を守りやすく、気軽に現地で現金を準備できます。

レッツ現金化 TOP

公開日:

 - 現金化Q&A