クレジットカード現金化がバレると一括請求されることはある?リスクや詳細を徹底解説!

クレジットカードの現金化はショッピング枠に空きがあれば誰でも手軽に、迅速に現金の調達ができるので、とても便利な調達です。

しかし、クレジットカード現金化にはリスクが潜んでいますし、場合によってはカード会社に一括請求される心配があります。

クレジットカード現金化がバレた場合、一括請求される危険性はあるのか?他にはどのようなリスクがあるかなどを解説していきます。

おすすめ現金化業者「ゼロスタイル」

クレーム0、手数料0、見積り0、3つのゼロで人気のゼロスタイル。

自分でおこなう現金化はリスクがあるので、プロの現金化業者に依頼した方が、バレる心配もなく、安全に現金化することができます。

クレジットカードの現金化がバレると一括請求されることはある?

クレジットカードを利用して買い物をした場合、基本的には翌月の支払日に一括もしくは分割で一定の金額を支払えば良く、特に、高額の買い物をした際には分割支払いやリボ払いで返済をするという人も大勢いることでしょう。

しかし、現金化がバレてしまった場合、利用者は期限の利益を喪失することとなり、カード会社は利用額を一括で請求することが可能となります。

例えば数十万円や数百万円といった金額を現金化した場合には、その大きな額を一括でカード会社に支払わなければいけないので生活に困ってしまうことが懸念されるのです。

一括請求以外にはどのようなリスクがあるの?

一括請求以外で、現実問題として起こりうるのは、カードの利用停止や強制解約です。

実際に現金化がバレたことで強制的に解約になったという実例は数多くあります。

また、ブラックリスト入りしてしまい、他のカード会社で新しくカードを作ろうと思っても審査落ちしてしまう可能性が非常に高くなります。

クレジットカードは今日ではネットショッピングや海外旅行では欠かせない決済方法なので、普段からクレジットカードを利用して買い物をしている場合などには大きな痛手になると考えられます。

現金化がバレないために気をつけるポイントとは?

クレジットカードの現金化には様々なリスクがありますが、それでも緊急で現金を調達したい場合などは利用したいと考える人は大勢います。

それではバレないように現金化するためには、どのような点に気をつければ良いのでしょうか。

優良な現金化業者を利用する

最も確実かつ効率的な対策方法が、優良な現金化業者の利用です。

自分自身で現金化をおこなう場合、商品券やブランドアイテム、ゲーム機など換金率の高いものを購入し、転売する必要があるため、カード会社にマークされやすいと考えられます。

一方、キャッシュバック方式の現金化業者を利用すれば、換金率の高いものを購入する必要があるので、自分で現金化するよりも遥かに低リスクで現金化ができるのです。

優良な現金化の見極め方法ですが、利用者の口コミ評判が良い業者や会社の所在地や概要などが公式サイトで明記されている業者などを選ぶのがおすすめです。

もちろん買取方式ではなくキャッシュバック方式を導入している業者を選ぶことも重要です。

短期間で何度も現金化をしない

短期間で何度も換金率の高い品物を購入したり、同じ現金化業者ばかり利用している場合もカード会社に現金化がバレやすくなってしまいます。

特に商品券や新幹線の回数券などを、短期間で頻繁に購入していると高確率でバレてしまうのでくれぐれも気をつけましょう。

ショッピング枠ギリギリまで現金化をしない

クレジットカードの現金化をおこなう人の特徴として、ショッピング枠のギリギリまでカードを利用することが多いというノウハウがカード会社のデータベースにあります。

そのため、クレジットカードのショッピング枠をギリギリまで使って現金化をするとカード会社のデータベースに引っかかってしまい、マークが厳しくなる恐れがあります。

特にそれまでショッピング枠ギリギリまで買い物をしたことがなかったような人が、急にショッピング枠ギリギリまで買い物をすると高確率でカード会社に怪しまれることとなるので、一定額はショッピング枠にゆとりをもたせておくことも重要です。

クレジットカードの現金化は違法なのか?

結論から言うと、カード会社はクレジットカードの現金化を認めていないのでカードの規約違反になり、カード利用停止や、最悪の場合には詐欺罪や横領罪に問われる可能性があります。

しかし実際には、クレジットカード現金化をしたことで、それをおこなった利用者が警察に逮捕されたケースはなく、悪質な現金化業者が過去に何度か追及されただけとなっています。

警察に捕まる可能性は非常に低いと考えられますが、クレジットカードの現金化はグレーゾーンのおこないであることを念頭に置いておきましょう。

まとめ

クレジットカードの現金化は手軽で便利な現金の調達方法ですが、その分リスクもありますし、カード会社に現金化がバレると大変なことになります。

もしも現金化をする場合には優良業者を利用して現金化をおこない、短期間で何度も現金化を行わない、ショッピング枠ギリギリまで現金化をしないなどの工夫をすることが大切です。

クレジットカード現金化 優良店 TOP

公開日:2019年2月26日

 - クレカ現金化の注意点