後払い決済を利用した現金化の方法とクレジットカード現金化との違い

一般的なクレジットカード現金化はカード利用停止のリスクなどがあるため、それ以外の方法で現金を手にする方法を知りたいと感じている方も少なくありません。

ここでは、最近、徐々に浸透しつつある後払い決済を利用した現金化の方法をお話しし、そのメリットやデメリットについて触れながら、この方法は有効なものであるかどうかについてお話しします。

手数料、クレーム、見積が¥0の「ゼロスタイル」

後払い決済とは?

後払い決済を利用した現金化の方法をお話しする前に、後払い決済とは何かについて説明していきます。

後払い決済とは文字通り、まず最初に商品を受け取り、後日支払いを行うという方法です。

クレジットカードの決済方法と混同されがちですが、その違いについては他の項目で説明します。

具体的にどんなものがあるのかと言うと、大きく4つあります。

1つは大手のフリマアプリ(メルカリやラクマ)や大手のネット通販会社(楽天、ゾゾタウン)でクレジットカードや現金引き落とし、代引き以外の方法として選択できる支払い方法です。

2つ目はネットプロテクションズが提供するNP後払いという、商品を購入し、後日コンビニで支払いを行う支払い方法。

三つめはバンドルカードというVISAのプリペイドカードを使ったもので、カードにお金をチャージし、そのチャージした分で買い物を行い、後日チャージした金額分をクレジットカードやコンビニで支払う方法。

そして四つ目はスマホのキャリア決済で、商品を購入し翌月スマホの料金とともに支払う方法です。

いずれもあらかじめ商品を受け取り、代金を翌月以降にコンビニやクレジットカードで支払ったり、スマホ料金と一緒に支払ったりするという方法です。

これを利用した現金化の方法は次の項目でお話しします。

後払い決済を利用した現金化の方法って?

大まかな後払い決済を利用した現金化の方法は、後払いの仕組みで商品を買い、専門の業者や買取業者に転売し、お金を受け取るというのが基本的な方法になります。

もう少し具体的に説明すると、換金率の良い商品(ブランド品、ゲームハード、金券)を後払い決済で購入し、それを転売して現金化をするという基本的な方法がまず一つです。

それ以外にも換金業者のサイトで指定した物品を後払い決済で購入し、その物品を返品することで現金を受け取るという方法や指定した物品を買ったキャッシュバックという形で現金を受け取るという方法です。

基本的な方法だと、いくら?というような明確な現金化が期待できない場合もあるため、明確な金額を求める必要がある場合は現金化をおこなう業者を利用するという方法が適切です。

ただし、当然のことですが、利用した金額そのままの現金を手にすることはできず、現実的な所で7割程度の金額が現金化できればと言うのが相場となります。

クレジットカードの現金化とは何が違うの?

簡単に説明すると、違法性が少なくなるという解釈ができるという点です。

クレジットカード現金化の方法として、クレジットカードで買い物をして、それを転売することでお金を手にするという方法ですが、これは一般的に良くない方法とされており、カード利用停止になったりします。

しかし、後払い決済を利用するとクレジットカードを利用しないで後払いができるため、そういったものに該当しませんし、例えばブラックリストに入っていてクレジットカードが持てない方でも現金化が可能という違いがあります。

ただ、基本的に買い物をして転売したり、現金化業者のキャッシュバックを受けるという仕組みは同じです。

後払い決済の現金化のメリット

後払い決済の現金化のメリットは主に3つです。

一つ目は借金ではないので利子が付かないということです。

商品を利子なしで購入し、それを業者に買い取ってもらうという仕組みなので、利子が発生しませんから一度現金を手にすれば利子が雪ダルマ式になって苦しむということはありません。

ただし、後払いを一回で済ませるという前提があります。

二つ目はクレジットカードがなくても利用できる点です。

あまり好ましいことではありませんが、未成年やブラックリストに入っている方でも現金化ができてしまいます。

三つめはNP払い以外は基本的に審査がないということです。

利用促進を目的としている場合もあるため、簡単に商品を後払い決済で購入できます。

ただし、NP払いに関しては複数個所で同時に行うと審査が入り否決されることがあります。

このように、敷居の低い決済方法と言う点を生かした現金化ができるのです。

後払い決済の現金化のデメリット

後払い決済の現金化には当然デメリットが存在します。

一つ目は換金率が低いことです。

これはどんな現金化にも言えることなのですが、換金率の高い商品を買っても購入金額の7割程度での買取がほとんどで、金券であってもなかなか8割を超えることはまれです。

現金化業者に関しても手数料などで結局手にできるのは7~8割程度です。

ただ、これはどの手段の現金化でも言えるので特有のデメリットではありません。

2つ目が上限金額が低いということです。

あくまでツケ払いのような一時的な支払い方法なので、2万円程度の上限金額となる場合が多いです。

ただ、NP払いを複数回利用すれば2~3万円程度の上限でもそれが3~4回できることもあるため、それ以上の金額が期待できます。

3つ目は現金化のスピードです。

カードローンなどのように即日現金化できないません。

一回品物を受け取るのに最低一日以上かかりますし、現金化業者を通せば更に時間がかかるという点です。

上限額が低く、即時性に欠けるというデメリットがあります。

後払い決済の現金化は有効な方法?

メリット、デメリットを含めて有効な方法かと言うことですが、少額が必要で、即日現金化を求めなければ有効な方法です。

ただし、ローンのように数十万円を即日欲しいという場合にはやや有効性に欠ける方法と言えます。

まとめ

クレジットカードの現金化に変わる方法として注目されている後払い決済を利用した現金化ですが、メリットが多いものの高額な現金化が難しいという点が弱点です。

また、今はグレーな現金化ですが、制度の見直しで違法になる可能性もあるので注意することと、利用は計画的に行うことが一番のポイントです。

クレジットカード現金化 優良店 TOP

公開日:2019年2月21日

 - 現金化Q&A