困った時に役に立つ!?クレジットカードのキャッシング枠


クレジットカードには、買い物出来る設定金額であるショッピング枠とは別に「キャッシング枠」も存在しています。

名前の通りキャッシング、いわゆる、現金の貸し借りが出来る枠なのですが、「わざわざクレジットカードがあるのにキャッシングする必要ある?」と思うかもしれませんが、クレジットカードにキャッシング枠を用意する理由はちゃんとあります。

現金払いが必要な場合に対応できる

現在は、クレジットカード払いに対応しているお店は多く増えていますが、それでも現金払いじゃないと駄目なお店も多いです。

特に、電車やバス等の公共交通機関ではSuicaやPASMO、nimoca等の電子マネーは増えてきてはいると言っても、導入されていない場所も多く、現金でチケットなどの購入が必要になってきます。

そうなると現金が必要になりますが、クレジットカードに一定の額だけATMから現金を引き下ろし、現金を手にすることができるのです。

クレジットカードは、クレジット払いも出来て、且つ、急な出費で現金が必要な時でもキャッシング枠で現金を借りる事が出来るのです。

しかし、絶対に気をつけなければならない注意点も存在します。

キャッシング枠にも審査はある

クレジットカードの発行の際には審査がありますが、キャッシング枠にも、クレジットカードとは別に審査が必要になります。

審査内容自体はクレジットカードの申込みの時と同じで、職業欄や収入欄、個人信用情報機関にてブラックリスト入りの有無などを確認します。

たとえ審査が通っても、キャッシング機能の備えるカードの発行が遅れてしまい、今すぐ欲しい時にすぐに発行して貰えない点も意識しましょう。

また、クレジットカードを最初に発行する段階で、キャッシング枠がなくても、後から欲しくなっても追加する事は出来ます。

クレジット機能のみのカードだけ発行して、必要になったらキャッシング枠を申請するやり方もあります。

ショッピング枠とは別に返済も必要になる

キャッシング枠でお金を借りたなら、当然キャッシング枠用の返済は必要です。

さらに、ショッピング枠も利用していたなら、その分の返済が必要になり、

「ショッピング枠で使ったお金+キャッシング枠で使ったお金=その月返済しないといけないお金」

となります。

この計算式を考えず、計画性を立てずにカード決済ばかりやっていると、一枚のカードで多重債務になる恐れが出てきます。

また一括払い以外の分割払いなどの場合、金利も掛かってしまい、元本返済額に加えてもう一つ出費を迫られます。

ショッピング枠共々なるべく早期に、少しずつでも返済を終わらせた方が楽です。

キャッシング枠は、急な出費が迫られた時には便利な存在ではありますが、やはりショッピング枠同様返済の目処も立ててからの利用じゃないと、自分の首を苦しめる存在へとなってしまいます。

作って使う際には心して使いましょう。ご利用は計画的にです。

      2017/10/17

 - クレジットカードを手に入れる方法

レッツ現金化! TOP