個人情報の取扱いがしっかりしているクレジットカード現金化業者を選ぶ方法


クレジットカードを現金化するには、現金化業者を利用する方法と、現金化業者を利用せずに自分でおこなう方法に分けることができます。

クレジットカード現金化する人にとっての最大のリスクが、クレジットカード会社に現金化の事実がバレてしまい、カード利用規約違反となってクレジットカード会社からペナルティを課せられることです。

ペナルティの一例は、カードの利用停止や、カードを使った料金の一括支払い請求などです。

しかし、クレジットカード現金化業者を使ったほうが、カード会社にバレにくいのです。

ですが、クレジットカード会社にバレにくいからといって、どのようなクレジットカード現金化業者でも構わないかと言えば、それは大きな間違いです。

クレジットカード現金化を利用する顧客は、お金に困ったり、お金に苦しんでいる人がほとんどです。

その弱みにつけこんでくるクレジットカード現金化業者が、かなりの割合で存在することを知っておきましょう。

クレジットカード現金化業者は、実店舗をもっといないことが多く、ほとんどがインターネットサイトでの取引になるので、悪徳業者の実体が分かりにくいです。

クレジットカード現金化業者は、本人確認をするために、個人情報の記録された身分証明書などの提示を求めることが多くあります。

逆にいえば、身分証明書の提示を求めてこないようなクレジットカード現金化業者はかなり怪しいと考えていいかもしれません。

しかし、身分証明書の提示を求める業者であるからといって、それが優良な業者であるとは限りません。

個人情報の取扱いがキチンとされていない現金化業者は、利用者から集めた個人情報を売ることが考えられるからです。

特に、クレジットカード現金化では必要のない、クレジットカードナンバーや暗証番号を求めてくるような業者は危険という意識を持ちましょう。

優良なクレジットカード現金化業者は個人情報の取扱いにも注意を払っています。

優良なクレジットカード現金化業者を探すには、老舗と呼べるようなクレジットカード現金化業者を選ぶことです。

悪徳業者は、すぐに消えてしまうような営業方法をしていますから、長く営業している業者はそれなりに信頼していいと思われます。

クレジットカード現金化を利用するには、まず優良な業者を探すことが必須条件です。

      2017/08/28

 - 業者の選び方について

レッツ現金化! TOP