使う前に知っておきたい「クレジットカードの仕組みはどうなっているのですか?」


アルバイトを始めたり、就職するとクレジットカードを初めて作るという人も多くいると思います。

しかし、クレジットカードは便利な半面、一歩間違えると自身の身を滅ぼしかねない「諸刃の剣」とも言えます。

便利ではありますが、同時にリスクも小さくないです。

クレジットカードの使い方に失敗しないように、その仕組みについて理解しておきましょう。

そもそもクレジットカードとは何でしょうか?

クレジットカードはわかりやすく説明するなら「カード使用者(=本人)が本来、お店等に払うべき料金を、カード会社が一旦建て替える代わりに、後日使用者へ一ヶ月の内に使用した分の金額を纏めて請求するシステム」です。

大雑把に言うと、料金後払いです。

クレジットカードのメリットと注意点は何でしょうか?

クレジットカードを利用するメリットは、飲食や買い物で、その都度、現金を用意する必要がなくなる点です。

また、「お金が足りないから買えない、飲食できない」ということもなくなります。

クレジットカード払いなら、後日纏めて請求するので、そう言った煩わしさがないのです。

しかし、「購入時の支払いではなく、後払いになったこと。お金を払う対象がお店からカード会社に変わったこと。どちらにしろ支払う事に変わりはない」といった点を意識する必要があります。

カード払いの場合、自分の現金は減らないので買い物をしている感覚が薄れやすいです。

クレジットカードの仕組みをしっかりと理解し、強く意識しておかないといけないのですが、無計画に買い物をし続けた結果、カード会社への返済が出来なくなってしまいます。

人によっては、その他の金融会社にお金を借りて返済する、いわば「借金で借金を返す」といった悪循環に陥るほか、返済を滞納し続けた結果、カードの利用停止どころか個人信用情報機関に登録されてブラックリスト入り、さらに酷い場合は自己破産申請してしまうなど、とても笑い事ではない末路を迎えた人も多くいます。

クレジットカードの利用は、こういった点を注意する必要があります。

クレジットカードは何処でも使えるのでしょうか?

クレジットカードには「VISA」、「JCB」、「MasterCard」など何かしらの英語のマークがあります。

これは国際ブランド対応のマークであり「このマークの有るお店ならば日本国内だけじゃなく外国でもクレジットカードで決済出来ますよ」と証明しているものです。

逆に、マークが無い所ではクレジットカード自体使用できないお店も存在しており、クレジットカードを使ってのお買い物をしようとする際はマークの有無を、事前に確認しておかないといけません。

マークの無いお店はどうして使用する事が出来ないのですか?

お店側からの話になりますが、クレジットカード支払いを可能にするためには、クレジットカード加盟店になる必要があり、お店側が手数料を支払う必要があります。

しかし、支払い方法の選択肢が増えて、客が増えるために、当たり前の様に加盟するお店が多いです。

ですが、加盟店になるための手数料に価値を見いだせない、もしくは導入せず手数料を払わない分、店の商品単価を下げる選択を取るお店も多い為、クレジットカードを導入していないからと言ってデメリットしかない訳ではありません。

クレジットカード以外にも現金は持っておいた方がいい

クレジットカードは便利ではありますが、万能ではないので、念のために、ある程度の現金は持っておいた方が安全かもしれません。

クレジットカードの仕組みを理解し、使い方さえ誤らなければ日常生活を送る上でとても便利なものとなります。

クレジットカードの使い方はアナタ次第です。

計画性を持って使いましょう。

      2017/10/17

 - クレジットカードを手に入れる方法

レッツ現金化! TOP