クレジットカードの金利は利用限度額に左右される


クレジットカードは、ショッピング利用時の分割払い手数料やリボ払い手数料に加えて、キャッシング利用時の金利手数料が設定されていることを、カードを作る際にしっかりと確認しておきましょう。

ショッピング利用時の分割払い金利は、支払い回数に応じて一覧表から確認出来ますが、最大金利は利息制限法に定められた上限金利の範囲内に制限されています。

10万円未満ならば上限金利20%、10万円以上100万円未満ならば18%、100万円以上は15%といったように、金額が増えるごとに上限金利は厳しく制限されるわけです。

キャッシング利用時の金利は、上限金利よりも少し低い程度に留まりますが、ショッピング利用時の金利はキャッシング枠よりも低く設定されていることに気が付いている人は多いでしょう。

信販会社としては、ショッピング利用を行った際には、加盟店から決済手数料を数%請求出来るので、金利を下げても十分に利益が出ます。

キャッシングは信販会社が直接利用者に貸し付けることになるので、金利設定を高めにしないと割に合わないわけです。

利息制限法で定められている上限金利には、実際の貸付残高に対して上限金利が決められているので、利用限度額に対してではありません。

しかし、クレジットカード利用残高は、常に変化し続ける性質を持っていることから、利用限度額に応じた金利設定をおこなうような運用がされています。

クレジットカードの増額インビテーションがおこなわれる時には、利用限度額アップに伴い、金利引下げが行われることがあります。

利用限度額を引き上げることは、与信力が十分にあることを意味しているので、実際に利用している残高が少ない場合であっても、増額インビテーションが出されることは有り得ます。

なぜなら、優良な顧客に対しては、金利見直しではなく利用限度額アップ時に金利引下げをおこななうことが自然だからです。

増額インビテーションが行われる時に、再度、個人信用情報機関へ信用情報照会をおこなうための同意を利用者から得ることが出来るので、最新の与信力を確認出来るでしょう。

クレジットカードを複数枚持っている場合には、ポイント還元率だけでなく金利が低く設定されているカードを優先的に使うことが考えられます。

多くの人は一括払いで支払うので、ショッピング利用で金利が関係することは少ないですが、普段使いのカードとして持ち続けてもらえなければ、信販会社は利益を出せないわけです。

利用限度額をアップする増額インビテーションは、金利引下げとクレジットカードをメインカードにしてもらうための仕掛けとも言えるでしょう。

   

 - クレジットカードを手に入れる方法

レッツ現金化! TOP