クレジットカードの還元率をしっかり把握しておきましょう


クレジットカードの還元率は、どのような得があるのか、よく把握してから作成&利用開始するのが賢明です。

クレジットカードの還元率とは?

「カード100円利用につき1ポイント付与、1ポイントは1円相当、1ポイントからポイント利用可能。年会費は永年無料」

こういったカードでは、ポイント還元率は「1%」。

ポイント還元率とは、クレジットカードで代金を支払った際に付与されるポイントのパーセンテージのことを言います。

このポイントは「1ポイント=○円」として使うことができます。1ポイントがいくらになるかはカード会社によって異なりますが、多くの場合は1円として使うことができます。

クレジットカード払いなら、ポイントが付与される分、現金払いよりお得です。

還元率がややわかりにくい例

「カード1,000円利用につき1ポイント付与」というカードは、銀行系や信販系に多いです。

この場合で、多い勘違いが1ポイントは「約5円」という点です。ポイント還元率は「0.5%」となります。

また「100ポイントから特典に交換できる」などのケースもあり、この場合だと、1,000円(1ポイント分)×100ポイント=10万円となり、その利用した分からポイントを使うことができます。

年会費を加味して還元率を考える

「年会費1,250円+税(税率8%として1,350円)」といったカードもかなりの数ありますが、これでポイント還元率が0.5%(例:1,000円利用して1ポイント:5円相当獲得)だとすれば、年会費を払わずに済む1,350円相当のポイントを稼ぐにはどうしたらいいでしょう。

20万円を利用したとき、得られるポイントは1,000円相当となります。27万円を利用してちょうど1,350円分のポイントとなります。

「カードを持ち、利用できること自体に1,350円の価値がある」とするなら話はまた違ってきますが、「実質的に還元が得られているかどうか?」を考えるのも重要です。

金利手数料を加味して還元率を考える

リボルビング払いやキャッシングでは、年に十数%の金利手数料がかかります。

ポイント還元率がどれだけ良いカードと言っても1~2%がいいところですから、とても金利手数料分には届きません。

リボルビング払いやキャッシングを多く使う人では、ポイントはあくまで「おまけ程度」と考えるのが良いでしょう。

ただしリボルビング払い専用カードでも、「初回手数料無料」の場合、実質的に一回払いカードとして使うと、非常に得できるケースがあります。

リボ用カードはポイントがとても多く付与される(0.5%のカードの”3倍”として”1.5%”であるなど)場合が多いのです。

どのような額に対してポイントがついているのかを把握する

クレジットカードのポイントは、一回の利用に対して付与されるタイプと、月間利用額に対して付与されるタイプがあります。

一回の利用に対してポイントが付くカード

一回の利用に対してつくものでは、例として「200円の利用で1ポイント付与(1ポイント1円相当)」といったカードが有ります。

単純に見れば0.5%還元です。

しかしこのカード、199円の利用ではポイントが獲得できず、400円の買い物と599円の買い物でもポイントは同じ(2ポイント)となってしまいます。

電子マネーで割と見られるパターンですね。

400円の買い物であれば0.5%が還元されていますが、599円の場合0.33%ほどしか還元されていない計算となってしまうのです。

月間利用額に対してポイントが付くカード

一方で、月間利用額に対してポイントが付くカードでは、ムダが出にくい計算となります。

100円など少額の買い物を重ねてもきちんとポイントが付き、実質的な還元率が高まります。

このタイプで「1,000円利用ごとに1ポイント(5円相当)を付与」とするカードの場合、月10,000円利用で10ポイント、月10,900円利用で10ポイント獲得ですが、後者の場合でも0.45%程度の還元となります。

一般にはこのタイプの方がポイントの取りこぼしが少なく、実質的な還元が高いといえますが、カードの利用金額請求はリアルタイムで起きるわけではないので、ユーザー側で月間利用額(としてカウントされる額)を完全にはコントロールできません。

「○○倍」などの数字だけにとらわれない

還元率は、カードによって異なります。

還元率0.5%のカードで「○○の利用でポイント10倍!」と広告などがあれば、還元は5%となります。

一方、還元率1%のカードでは「ポイント5倍」でも5%です。こうしたあたりも、できる範囲で把握しておいた方が良いでしょう。

優待を見逃さないように

各種クレジットカードには、ほぼ間違いなく何らかの優待がついています。

指定のレストランやショッピングモール、レジャー施設の利用で5~20%OFFといったのがよく見られます。

ポイント還元の高いカードといっても基本的には1~2%が限界です。

ポイント以外の優待で得になるカード、シチュエーションを見極めておくことも大切です。

還元率をしっかり把握して楽しいカードライフ!

還元率について自分なりに把握していないと、「なぜこれしかポイントが獲得できないのか」とか「カード利用の割には、なぜかポイントが少ない気がするが」といった事態も起きることが考えられます。

「たくさんポイントがたまった気がするが、トータル的に考えて、得していない感じが…」といったことも。

日本のカード会社はどこも良質なので、ユーザーを騙すような情報は当然、発信していません。

ポイント付与の方法などについて、もし疑問があれば、申込み前でも電話やメールできちんと説明してくれます。

ですが、自分にとって本当に得なのはどのクレジットカードなのかは、個々で把握する必要があります。

クレジットカードの利用規約違反の代表的なものとは?

      2017/10/17

 - クレジットカードを手に入れる方法

レッツ現金化! TOP